偏差値が高いだけの○○になるな!学び続ける覚悟を持て

読者のあなたは「天野篤」さんをご存じだろうか。

順天堂大学病院副院長・心臓血管外科教授という肩書きを持ち、冠動脈オフポンプ・バイパス手術の第一人者である医師だ。2012年2月に天皇陛下の心臓手術を執刀した医師として知る人も多いだろう。

僕自身も天皇陛下の執刀およびNHKの「プロフェッショナル」で彼の存在を知った。

「PRESIDENT online」に『天皇の執刀医Dr.天野篤の「危ぶめば道はなし」』という氏の連載がある。その中の1つに『「偏差値が高いだけの医師」はなぜ危険なのか』という興味深い記事がある。ご覧になったことがない方はぜひお読みください。

「偏差値が高いだけの医師」はなぜ危険か-PRESIDENT online

これまで僕がくり返し述べてきたことと本質的に重なる部分が多く、まさに当サイトの基調講演とも言える内容だ。


そもそも天皇陛下の診察や手術といえば東大教授および東大病院が担当してきた。宮内庁病院に招かれる医師も東大出身者が多い。天野氏が執刀した天皇陛下手術の治療方針を決定したと考えられる「医務主管」は当時、東大医学部卒で元東大病院院長の金澤一郎氏だ。実際に陛下の手術が東大病院でとりおこなわれたことからしても、順天堂大学の医師が執刀したというのはかなり異例なことだ。

しかも、天野氏の経歴がさらに話題を呼ぶものとなった。

「三浪して日大医学部に入学」

天皇陛下の手術を執刀する医師であれば、おそらく東大出身とかいわゆる「エリート」なのだろうとつい考えてしまうが、天野氏は「ノンエリート」と評される。確かに医大受験とはいえ、3回の挫折は多くの場合「エリート」と評価されることは少ないのかもしれない。ただし、天野氏は高校までは優秀な「エリート」であった。天野氏自身がそのことを別の記事でふりかえっている。詳細は以下のリンクからその記事をご覧ください。

なぜ「偏差値50未満」でも一流の外科医になれるのか-PRESIDENT online

天野氏は高校・浪人時代を振り返り、こう語る。

高校・浪人時代は、「ネジを巻く」のに必要な時間だったのではないかと感じています。私の場合、あのままストレートで国公立大の医学部に入学していたら、全く挫折を知らず、人の痛みの分からない医師になっていたかもしれません。

なぜ「偏差値50未満」でも一流の外科医になれるのか-PRESIDENT online

さらに、こう続ける。

今の若者たちは「ネジを巻く」時間がなく、いつも忙しくしているように見えます。親や学校の先生は、現役で大学へ行かせたいし子供に苦労させたくない、できるだけ近道をさせたいと考えがちですが、社会人になって挫折やトラブルを経験した時、勉強ばかりしてネジを巻く時間がなかった人は立ち直れないことがあります。ビジネスの世界も同じかもしれませんが、医療界では受験勉強が得意で論文がうまく書ける人が患者さんの治療面で医師として結果を出せるとは限らないのです。

なぜ「偏差値50未満」でも一流の外科医になれるのか-PRESIDENT online

もちろん、受験勉強を否定する発言ではない。しかし、受験という枠組みのなかで、単線的に短期的な結果を求めることを善しとする価値観は、その後「本番」である社会人としての長い人生において必ずしも有利なものではないという点は傾聴に値する。

天野氏は大学受験という点においては、失敗あるいは挫折を経験したといえるかもしれない。しかし、その不遇な?時代に「ネジを巻く」時間があったからこそ、大学に入学してから懸命に勉強したという。「早く手術の腕を磨いて一人前になるにはどうしたらいいのか」と。

大事なのはまさにそこだ。

「偏差値が高い」とか「受験学力が高い」というものを否定しているわけではなく、「偏差値が高いだけ」「受験学力が高いだけ」で満足するな、ということである。それだけで社会人として、仕事人として、もしかしたら、人としての価値は測れないのだ。

だから、あえて言う。

偏差値が高いだけ・受験学力が高いだけのバカになるな!

東大は日本の受験界、偏差値のトップである。そこに入学し、卒業した者は、まさに日本の知の最高峰といってもよい…というのが、多くの日本人が共有する「常識」である。

しかし、東大閥の東大教授陣を差し置いて、つまり、東大=偏差値が高い人ではなく、私立の医大出身の医師が天皇陛下の手術を執刀したのだ。これは、もちろん天野氏が不断の努力をされた結果という、ある意味当然のことなのだが、単に「天野氏が素晴らしい医師だ」というだけで終わる話ではない。ある意味で1つの大きな物語の終焉ともいうべき大事件だ。「受験教育」「受験学力」神話の崩壊にも等しい。

ただ、よく考えてみれば、もうそんな兆しはかなり前からあったのだ。すでに一般企業の就職においても、かつてのような大学の偏差値ランクによって内定が決まるという時代ではなくなってきた。それ以上に人間的な魅力やコミュニケーション能力などの方に目が向けられるようになってきた。

すでに「受験学力」や「偏差値」というものが時代に合わないものであることは、様々な場面でも語られるようになってきている。

そもそも「偏差値」などの競争原理は、もちろん一定の重要な指標となり得るが、非常に利己的なものである。社会に出たときに必要な力とは単に自分の利益だけを確保するためのものではない。本当に必要になるのは、他者の利益に貢献することだ。なぜなら、それがなければ自己の利益もないはずだからだ。他者、そして、社会というものが健全に成り立っていなければ、自分が利益を得ることはない、というのは、ある意味当然のことだ。当然のことがかつては当然ではなかった。それが今、あるべき健全な姿になろうとしているのかもしれない。

だからこそ、天野氏の発言、いや天野氏の足跡自体に僕はエポックメイキングな印象を受けるのだ。僕自身同様の考えで10代の頃から歩んできたつもりだ。だが、いかんせん発言力・発信力もないので、こうして天野氏の力を援用させてもらっている。

氏は、医学生には「よく学び、よく遊び」は許されず「よく学び、よく学び」しかないという覚悟が必要だという。もちろん、あらゆる分野の学びでそうだというわけではないだろう。現に、氏も高校・浪人時代に多くの「遊び」のなかで学んできたのだ。

だから言うなれば、学ぶこと、学び続けることが重要だが、それは受験のため、偏差値を上げるための勉強とは違うということ。まったく別ものということでもないだろうが、イコールでもない。時に真剣に遊ぶことが重要な学びとなることもある。

そして、受験勉強であろうが、何か専門的な学習であろうが、学ぶという行為の先に、他者の利益に貢献できる仕事ができる人間を目指すべきだということだ。その意識、視点があれば、たとえどんな分野の仕事であろうと、必ず道は開けるはずだ。逆に「受験学力が高いだけ」「偏差値が高いだけ」では、この先の未来は決して明るくないのかもしれない。

そういう時代がやってきたのだ。

この記事の最後に、再度天野氏に登場して頂こう。

「世のため人のため」、「社会のため」に働くというのは、言葉にすると口幅ったいのですが、これは医学に限ったことではありません。ビジネスの世界や介護現場、教育現場でも同じかもしれませんが、自分が快適に1日1日を過ごして人生を過ごすために何をするかではないでしょうか。何もしなかったら快適ではないですし、人に対して、害を及ぼすようなことしたら自分もあまり気持ちよくありません。自分がいい1日だったと思ういい1日を作る要素は何かを考えると、行動が何に対してプラスか、自分に対して、人に対して、社会に対して、プラスの割合をどのようにするかです。

「偏差値が高いだけの医師」はなぜ危険なのか-PRESIDENT online

最近は、入試も多様化が進み、平成28年度入試では東大でさえも推薦入試を実施した。その一方で、日々の定期テストや入試などでの主流はやはりペーパーテストだ。答えが1つに絞られるテストで学力の良し悪しが測られている。

しかし、人間の社会的な営みの多くはある方程式で簡単に解が出せるものばかりではない。

それなのに、なぜ多くの人はペーパーテスト的な能力だけを高めていくのだろうか。

「受験が終わったから…」「大学に入っかたら…」「就職したから…」、だから学ぶことを止めるというのは、明らかに不健全な学び方をしてきた証拠だ。そうならないためにも、今一度日々の学習をふり返ってみてほしい。

とはいっても入試があるから・・・

…と、いま考えた人こそ、ぜひ考えてほしい。短期的な視点だけではなく、受験学力という一部の能力だけではなく、将来、我が子が本当に必要な力って何なのか。

そのために必要な学習って何なのか。

◆最後までお読みくださってありがとうございます。

疑問・反論・相談など、お気軽にいつでもご連絡ください。

お返事はすぐにできないかもしれませんが、何らかの形で僕の考えをお答えしたいと思っています。

スポンサーリンク
google大
google大